本文へスキップ

お問い合わせはTEL.0957-47-1360

〒859-3806 長崎県東彼杵郡東彼杵町三根郷1031

レイアウト

コンセプト

 ホワイトのキャンピングカー設計において少しずつ、少しずつ20年にわたり完成した代表レイアウトです。
 天然ウッドをぜいたくな時間をかけて加工しました。
 丸太で作ったソファー、本物のフローリング、むく板のテーブル、20ヵ所を越える収納庫、2段ベッドの充実。
 ダイネットスペースとキッチンスペースをアーチ型ドアで振り分け、使い勝手の良さと、ログキャビンを思わせる木目の美しさを追求しました。
 少量生産ですが、日本を代表するアウトドアマンのためのワンボックスカーをと、そんな願いを込めて製作しています。

ベース車両の外寸


ダイニングスペースのレイアウト

 @標準レイアウト  
 大人4人がゆっくりとくつろげるゆとりのスペースです。車内への出入りがしやすく最も機能的なレイアウトです。
Aわいわいレイアウト
 スライドドア入口に付属のマットを取り付けると、パーティーに最適なコの字型のレイアウトが出来上がり。大人5人がくつろげるゆとりのスペースです。
 
Bおやすみレイアウト
 付属のマットを敷き詰めると完全にフラットなベッドが出来上がり。
 大人3人がゆっくりと眠れる十分なスペースです。
 
Cちゃぶ台レイアウト 
 フルフラットの状態でテーブルをセットすると座卓の出来上がり。
 2人旅ですとそのまま横になることができます。

オプション

Eロフトベッドレイアウト 
 オプションの二段ロフトベットを取り付けると上下二段の常設ベッドと2名分のくつろぎスペースを確保。シートをフラットにすると4人の就寝ができます。
Fこたつレイアウト 
 オプションのこたつ用天板を取り付けるとこたつレイアウトが完成。
 中央のシートを外せば掘りごたつ風にもできます。
 電気毛布、小型ホットカーペット、経済的な湯たんぽでお使いください。
Gごろごろレイアウト 
  ロフトベッドを取り付けた状態で、夏はちゃぶ台、冬はこたつレイアウトにすると、いつでも大人3人が横になれるレイアウトが完成します。
 

パーテーション(仕切り)

 アーチ型の間仕切りを採用した3ルーム設計。
 エアコン、ヒーターの効きが違います。また、有効面積の1/3を仕切る事で断熱、防音効果がはっきりと現れます。
 間仕切りは1本1本柱を組み立て、その上に羽目板を一枚一枚組み込んでいく軸組み工法で製作しています。
 この構造により内部は中空になるので、断熱・防音効果の改善にさらに大きな効果を発揮します。
 後部のダイニングスペースと切りを設けたことにより、キッチンルームの熱や臭いを遮断します。
 さらにオーディオルームとしての機能も兼ね備えます。
 キッチンスペースは、トイレルーム、荷物の収納スペースとしても活躍します。 

収納

車内の随所に十分な収納スペースを確保し、いつもすっきりとした室内を維持できます。

標準装備 オプション

@座席下収納(ダイニングスペース)
 座席の下にはベッド部にする際に使用する座席マットも保管しておきます。
A座席下収納(ダイニングスペース)
 最も取り出しやい大型の収納スペースです。
 1週間分の荷物を十分に詰める容量を持っています。(写真は大型クーラーを設置しています)
B運転席上収納(ダイニングスペース)
 取り出しやすく、収納量も高い有効なスペースです。
Cスライドドア上部収納(ダイニングスペース)
 出し入れが多いものを保管するのに最適です。
D小物大型収納庫(ダイニングスペース)
 室内で使う小物を収納するのに便利。
E流し上部収納(キッチンスペース)
 食器や台所用品を収納するのに適しています。
F調理台上部収納(キッチンスペース)
 インスタント食品や缶詰などの食品を収納するのに十分なスペースを持っています。 
G入口上部収納(キッチンスペース)
 キッチン用品やスパイス、調味料などを収納するのに最適です。
H流し台下部収納(キッチンスペース)
 タンク奥にもゆとりの収納ができます。
 予備清水タンク10L×2個が入ります。
 
 I調理台下部収納(キッチンスペース)
 屋外でパーティーする際に使用するバーベキューコンロなどを収納するのも良いでしょう。
 J後部ドア収納(キッチンスペース)
 折り畳みチェアやデスクをコンパクトに収納するのに最適です。
 

戻る

戻る